03-5284-9264

ブログ

2017/11/01(水)

[北千住 整体

カテゴリー:体質改善 背中の張り、肩こり、呼吸が浅い人、腕をよく使うあなたへ 胸の筋肉を簡単ストレッチ&筋膜リリースで改善!

 

FROM 篠原 正

整体院デスクより

 

 

 

こんにちは

 

 

 

本日もあなたに有益な情報や知識、

ご自宅で出来る簡単セルフケアを

ご紹介いたします。

 

 

 

日曜日は日本疼痛リハビリテーション協会の

大イベント、サミットに参加してきました。

 

 

人数はあの台風の中、600人近く来ていた

そうです。

とても充実した貴重な時間になりました。

 

 

 

ぜひ、次回も参加したいですね。

 

 

 

前回はパソコンのマウスの使いすぎによる

肩の筋肉 三角筋の前部繊維に痛みや硬さが

出る人へ簡単に出来るセルフケアをお伝えさせて

いただきました。

 

 

やはり、繰り返し動作、同じ姿勢などによる

筋疲労で肩こりだったり、腰痛、膝の痛みなどを

訴える人が多く来院されています。

 

 

 

テレビを見る向きやご飯を食べる時の姿勢、

楽をしている時の姿勢、パソコンをしている時の

姿勢だったり、思い当たる節があると思います。

 

 

 

重だるい、凝ってきたと思ったら早い処置を

されることをお勧めいたします。

 

 

日頃運動をしていない人は歩く時、大きく

手を振って大股で歩くと、肩の運動、足全体の

動きやお尻もしっかり使えますので、

 

 

 

ぜひ、普段から歩く時も意識してみて下さい。

 

 

 

また、ご自宅で簡単に出来るセルフケアや

メンテナンスで当院に通うことをお勧めいたします(笑)

 

 

 

体は機械と違って、パーツを変えたり、携帯のように

新しいものと買え変えたりは出来ませんから、、

 

 

 

酷くなってからでは遅いのです!

 

 

 

今回は前回お話しさせていただいたように

胸の筋肉(大胸筋)のストレッチとセルフケアを

お伝えさせていただきます。

 

 

 

今日も壁を使ってストレッチですね。

 

 

 

まず最初に胸の下の筋肉(大胸筋下部)

から伸ばしましょう。

 

 

 

壁の真横に立ち、壁から約30〜40度ぐらい

外側に向き、手から肘まで壁につきます。

そこから手を上げていって120度ぐらいの位置で

 

 

止めてもらい、顎を引き、肩より体が前に位置し

首ごと体を壁と反対側に捻ってもらうと胸の筋肉

が伸ばされるのが分かると思います。

 

 

 

あとは反対の手で胸の筋肉を触ってみて筋肉が

テンションがかかっているのを確認して見てください。

 

 

 

体の位置を微調整してしっかり伸ばしましょう!

 

 

 

この時、15秒間 リラックスして気持ちいいぐらいが

いいです。痛すぎず、ちょうどいいぐらいでゆっくりと、、

 

 

 

続きまして、胸の筋肉の真ん中(大胸筋中部)を

伸ばします。

 

 

 

今度も体の向きは同じで違うのは手の位置だけです。

 

 

 

肘90度で壁につき、同じように壁の反対側に

捻って気持ちいいぐらいで伸ばしましょう。

 

 

 

最後に胸の筋肉(大胸筋上部)を伸ばしましょう。

 

 

 

今度は手の位置を50度ぐらいの位置で手のひらを

壁につきます。

 

 

 

この時は肘は伸ばして肩は下がらず胸を張って、

伸びているか反対の手で鎖骨の下の筋肉を

触れてみてください。

 

 

 

胸のストレッチは前回の肩関節の筋肉(三角筋)

と一緒にやっていただくとより効果的です。

 

 

 

もう1つおまけに横隔膜を使った筋膜リリース

をお伝えします。

 

 

 

横隔膜は前のブログでも紹介していただいたの

ですが、横隔膜はインナーマッスルの大腰筋、

首の筋肉などとつながっていまして、

 

 

 

横隔膜を使って、胸の筋肉、特に鎖骨下の筋肉を

硬い方にオススメの筋膜リリースです。

 

 

 

座位でいいので少しかがみます。

 

 

 

そうすると腹部が緩むので肋骨の一番下から

肋骨の内側に手をCの字にして入れ込んでください。

 

 

 

この時、深呼吸をして腹部が緩んだ時に肋骨の内側に

指を入れ、片方の手は胸の内側、鎖骨の下あたりを

軽く触れてみてください。すると手先で胸の筋肉が、

 

 

 

緩むのを感じると思いますので、もっと沈むのを

待ってみたり、横隔膜を少し振動刺激をして

さらに緩むのを試してみましょう。

 

 

 

最初は感覚として感じにくいと思いますので、

何回か試してみると筋膜リリースというものが

感覚で分かってくると思います。

 

 

 

ポイントとして力まず、リラックスして、どちらの手も

優しく触れ、反応を感じるまで待ってみるとよいでしょう

 

 

 

 

今回は胸の筋肉の大腰筋のストレッチと横隔膜を使った

セルフケアをご紹介させていただきました。

 

 

 

また次回も簡単に出来るセルフケアをお伝え致します。

 

 

 

他のグログや当院の情報、ご予約をご興味ございましたら

下にリンクがありますのでクリックしてみてください。

 

 

 

 

本日も最後までブログを御覧戴きまして

誠にありがとうございました。

 

 

 

 

また宜しくお願い致します。

 

 

 

↓     ↓     ↓     ↓

http://seitai-yuuki.com/

 

 

 

 

[慢性肩こり]専門v筋膜リリース

整体院 友喜〜YUUKI〜

篠原 正

 

 

ブログ一覧はこちら

 

最新記事一覧

 

ブログカテゴリ一覧

 

 

9月30日(木)まで
先着6名様限定割引 → 残り 5名様

診察予約は今すぐお電話で

0352849264

【受付時間】10時~20時(月~金) / 9時~13時(土)(水曜日・土曜午後・日曜日・祝日 休み)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は10時~20時(月~金) / 9時~13時(土)までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。